過去の裁判

過去にあった企業の裁判や個人のユニークな裁判に関する話題を書いていきます!!

企業の裁判事例

一般的な企業でも、時には裁判に発展してしまうことがあります。これまで起きた内容の事例については、発明品についての問題等を挙げることができます。仕事中に開発を行った従業員が後に企業に大きな利益をもたらした事例が複数あり、その発明や利益について裁判になったことがあります。仕事中であっても大きな影響を与える発明を行った従業員に対しては、それなりの還元を行うことが判例としていくつもあるので、企業側でメーカーや開発部門を持っている場合では、裁判にならないように十分に配慮することが大切です。近年では非常に多く見られる裁判の事例があります。その多くが残業代や時間外労働の部分についての給料の未払い問題が深刻化しています。中には集団で裁判を起こしてしまう事例もあり、企業にとっては多大な負担になってしまいます。残業代に関しては、会社のジャンルや規模によって違いはありますが、基本となる内容として週に40時間を超えている部分に対しては、時給換算を行った上で、その時給の1.25倍を支払うことが義務化されているので、未払い分が発生しないように、管理をしっかりと行うことが大切です。毎月にきちんと残業代を支払っている会社の場合では、何も問題になることがありませんが、特に大人数の社員を抱えている企業の場合では、後から集団で裁判を起こされてしまった場合では、企業が倒産に追い込まれてしまう可能性も否定できません。きちんとコンプライアンスを守って対応する方法で、問題を回避することができます。他にも企業の裁判事例などがあり、いわゆるパワハラやセクハラなども有名な内容です。モラルを持たない上司などが存在している場合では、非常に危険性が高まってしまうことになるので、企業側は常に社員に対して教育を行っていくことが基本です。解雇問題なども重要な内容があります。一方的に解雇を通達してしまい、社員に何ら責任が無い場合では、会社側が裁判を起こされてしまう可能性も十分にあります。解雇を行うにはそれなりの明確な理由とその後の対応が求められているので、法令を順守して企業を運営することが欠かせません。現在ではICレコーダーなども普及をしている状態にあるので、上司の発言等に関しても録音をして証拠として残されてしまう可能性も十分にあります。問題のある社員が存在しているような企業の場合では、その旨を十分に把握した上で裁判を回避するように心掛ける必要があります。