過去の裁判やその他私の趣味

過去にあった企業の裁判や個人のユニークな裁判に関する話題を書いていきます。また、植物が昔から大好きですので、こちらにもちょくちょく記載していきたいと思います。

冬の植物

「冬の植物はあんまりきれいなものがない」・・・。いえいえ、そんなことはありませんよ!室内で育てられる寒さに強い冬でも咲く花の話題を。

 

冬は植物が少なくなる時期ですが、冬に元気な植物は意外とたくさんあります。しかし、冬に元気だけど寒さにはそんなに強くない、霜に当たると枯れてしまうから室内で育てないといけない、という植物も多くあります。

 

まずはご存知シクラメン

シクラメンは冬の植物の定番です。ガーデンシクラメンと違い、霜には弱いため室内で育てます。シクラメンの鉢は底面吸水ができるようになっているものが多いです。温度さえ気にかければ、簡単に育てることができますよ。

 

お次はシネラリア。

シネラリアは、年始頃からカラフルな花をたくさん咲かせます。種類によって2cmほどの小輪のものから、8cmほどにもなる大輪のものがあります。花色は黄色以外はほとんどの色がそろっていて、蛇の芽のような模様になるものもあります。

 

そして、アザレア。

アザレアはツツジの仲間で、大輪で八重咲きの華やかな花を咲かせます。店頭で販売されているものは、温室で育てられ、寒さには弱いので室内で育てましょう。花色は白やピンク、赤などがあります。

 

最後にポインセチア

ポインセチアは、赤く色づいた花に見える部分も葉でできています。ポインセチアは冬の定番植物ですが、寒さには弱いです。霜に当たると枯れてしまうので室内で育てましょう。

 

植物といってもそれぞれに特性がありますね。

人と同様、それぞれに違いがあります。

繊細なものなのでちょっとでも間違うとダメになってしまいます。

そういった意味で専門的な知識を持った人や本などを参考にしてくださいね。

 

僕が知る限りでは西畠清順さんという方がトップクラスに知識が豊富ですね。

西畠清順さんとはそら植物園株式会社 代表取締役。21歳より日本各地・世界各国を旅してさまざまな植物を収集するプラントハンターとしてのキャリアをスタート。今では年間250トンもの植物を輸出入し、日本はもとより海外の植物園、政府機関、企業、貴族や王族などに届けている。

セレオ八王子のレストランフロアの空間を素敵な植物で演出したり、ウェッジウッド展なんかも演出されています。

一般の方にもワークショップを開催し植物の素晴らしさを伝えていますね。

 

皆様もご興味がありましたら是非植物を育ててみて欲しいですね。

観葉植物をいただきました!

最近だいぶ寒くなってきましたね。昨日ついにホットカーペットとこたつを出しました。

まあ、今年は暖冬と言われているのでどうなるのやら。

あと最近雨多いですよね。洗濯物が大変です。

 

先日友人からなかなか大きめの観葉植物をもらい、部屋が一段とオシャレになりました。なんだか空気もきれいになっている気がするし、最高です。

実際に、部屋に植物を飾るとリラックス効果や、空気をきれいにする効果もあるみたいですね。

最近は一概に植物と言っても、ドライフラワーを飾る方も多いし、エアプランツや、ハーバリウムも流行っているし、いろんな飾り方があり楽しいですよね。

 

夏に代々木に行った時に、なんだかお洒落な一角ができていて、軽く一杯飲んだ場所も植物が多くとても雰囲気が良かったです。

調べてみたら、代々木VILLAGEという場所みたいですね。

そこにあった「植物」は、あのプラントハンター西畠清順さんが世界中を巡りながら集めた120種類以上の植物みたいです。西畠清順さんについては情熱大陸にも出演していた時にたまたま見ていたのですが、すごい人ですよね。

情熱大陸を見るまでは、そんな仕事があることすら知らなかったですが、なかなか大変だけどやりがいのありそうなお仕事ですね!

自分は、今エアプランツに興味があるので、少しずつ観賞植物、増やしていきたいです。

ではまた。

泣かずにはいられない介護殺人裁判

裁判と一口に言っても、怒りがこみ上げてくるようなものもあれば、涙が止まらない裁判もある。

「泣かずにはいられない介護殺人」をご存知でしょうか。

これは、京都府京都市伏見区にある桂川の遊歩道で起きた認知症の母殺害と、その母を介護する息子の心中未遂事件です。

夫に先立たれた後に、認知症を発症した母親。症状はどんどん進行していき、介護をしていた息子はついには仕事を休職。無収入のため生活保護を申請するも、休職では生活保護を受けることはできなかった。
その後母親の症状が進行し息子は退職することになる。しかし、ここでも失業保険を理由に生活保護の申請は通らず、親子の生活はどんどん追いつめられていく。
そして、ついに、息子は心中という道を選ぶ。

2006年12月、桂川の遊歩道で息子は母親の車椅子を握りながら母親にこう告げる
「もう生きられへんのやで。ここで終わりや」
母親は息子の言葉を受け入れ、息子にこう告げる「こっちに来い。お前はわしの子や。わしがやったる」と。
息子はこの言葉で心中を決心する。母親の首を絞め殺害し、自殺を図った。しかし、息子一人だけが命を取り留める。

この5カ月後、息子は裁判で懲役2年6ヵ月を言い渡される。
供述では「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」と口にしたという。
また裁判では「私の手は母を殺める(アヤめる)ための手だったのか」と語った。

この判決には3年という異例の執行猶予が付く。

裁判長は尊い命を奪った罪を裁きはしたが、献身的に母を介護し、母もまた被告人に対して感謝こそすれ恨んではいないだろうと、母のためにも自分の命をあやめることなく、幸せに生きてほしいと言葉にしている。

 

この裁判を知り涙せずにはいられない、そう思いませんか。

人間味あふれる裁判官の一言

裁判所で行われている裁判は、とても厳しく堅いイメージを持っている方がほとんどではないかと思います。
しかし、裁判所の目的としては「被告を反省させる」ことも含まれているため、時には裁判官から喜怒哀楽様々な表現で被告人に語りかけることがあるのです。
今回は、そんな人間味あふれる裁判官の言葉をピックアップしてご紹介していきましょう。

まずは、裁判官怒りの一言をご紹介します。
現役裁判官が児童売春・児童ポルノ処罰法違反の罪に問われた際に、「言葉は悪いが、単なるロリコン、単なるスケベおやじだったのではないか。日本の司法の歴史の中で、とんでもないことをしたというのは分かってますな。」と一言発したそうです。
被告人が同業者だったからこそ出た厳しい一言だったのではないかと思います。

次は、泣ける一言をご紹介しましょう。
覚醒剤取締法違反の罪に問われた被告人に対して、「今、この場で子どもを抱きなさい。わが子の顔を見て、二度と覚せい剤を使わないと誓えますか。」と問いかけました。
被告人だけでなく、自分たちの心にも響く言葉ではないでしょうか。
被告人はこの問いかけの後、泣き崩れてしまったそうです。

ちょっと変わった一言としては、ストレス解消のために虚偽の119番をした被告人が反省の際に「今後彼女は作らないで、真面目に働きたいです」と述べた後に、「おい、ちょっと待てよ。それは無理だぞ」と裁判長がつっ込んだそうです。
被告人の言葉に対してのツッコミとは、なかなか面白い裁判長がいるのだと思いました。

過去、様々な事件があり、ニュースでも取り上げられる裁判ですが、裁判官は機械でなく人間だからこそ、このような一言が生まれていくのでしょう。

お家騒動の疑問【創業家VS経営陣】

どうも~!お家騒動と掛けまして、つけ麺とときます。その心は、、、

ドロドロですよね。

どうも、世論を斬っても縁切るな、お笑い芸人です。

今回は、創業家と経営陣で揉めているお家騒動について調べてみました!

まずは、記憶新しい出光興産ですよね。

出光興産は、経営陣の独断で昭和シェル石油との合併をしようとし、創業家に反対されたことから発展した問題!

経営陣はついに、昭和シェル石油との合併に反対する創業家を追い詰める強硬策に出たそう!経営陣はこれまで「創業家の説得を優先する」と言い続けてきたらしいが、結局創業家との全面対決に踏み切った。

なんだかアライアンスステッカーというモノを貼付したローリーの運行を開始しているよう。これについて創業家は一体に何を思うのでしょうかね?

出光興産と掛けましてチキン南蛮とときます、その心は、、、

きゅうしゅうされるでしょうね。

自分で言うのもあれだけど、これはうまくない!!www

はいはい。

そして大騒ぎされた大戸屋ですよね。

2015年7月に実質的な創業者だった三森久実氏が57歳で急逝。その後、2016年2月には、息子の智仁氏(27)が一身上の都合で辞任しました。久実氏が亡くなってから、役員の刷新を推し進めているのが、2012年から社長を務める窪田健一氏(45)です。

窪田氏など3人の取締役の残留や、かつて会長や副社長を務めた人物が再登板する内容

などを含めた8人を新たな取締役に選任する計画など、こうした人事案に創業家側は反発を強めています。元取締役の智仁氏は「能力がある海外事業担当役員の退任や、元役員の再登板に疑問がある。社外取締役全員の退任にも十分な説明がない」と、会社側の人事に反対を表明しました。

対立の原因は、窪田社長がこれまでの路線を否定するような、人事や経営判断を下してきたことにあるようです。

大戸屋と掛けましてフリーターとときます。その心は、、、

やっぱりていしょくがいい。

今日はこの辺で!

出光騒動から、色々な裁判のお話し

色々な裁判のことを調べているのですが、最近だと出光の公募増資が気になりますね・・・

そもそも合并問題で経営人と創業家が揉めているのですが、それも内容調べてみると経営人の無謀ともいえる合併案で、それを「反対」した創業家との揉め事でした

そしてその大株主の創業家が邪魔となり、経営人がとった行動が「公募増資」・・・

こんなめちゃくちゃな理不尽極まりない話が通るわけないと思っていたら、通ってしまったのです・・・これは驚きの結果でしかありません・・・

この無茶苦茶な公募増資が認められるとなれば、今後色々企業の動きもかわってしまうのでは?

出光というのは創業者の活躍が映画化されたりと、すごく歴史あり愛された企業です。

そんな企業の歴史に泥を塗る今回のお家騒動は残念でなりません・・・

まだ合并が決まった訳ではありませんので、あとは合并の話が白紙に戻ることを強く願っています。

色々な裁判を見てきましたが今回の判断は残念だったな・・・

 

さて気を取り戻していくつか裁判官が実際に言った一言を書きます。

 

少年を暴行死させた暴走族に言った一言

「犬のうんこですら肥料になるのに、君たちは何の役にも立たない産業廃棄物以下じゃないか。」

 

酒井法子覚せい剤の裁判で言った一言

「あなたは映画やドラマなどでいろんな役を演じてきましたが、残念ながらこれは現実です。」

 

売れないお笑い芸人が裏カジノで働いていて逮捕され、これからまたお笑い頑張りたいですと言ったら

「でも奥さん泣かせてるよな」

 

嘘で119に通報してきた男が、これからは彼女も作らず真面目に働きます。と言った後の一言

「おい!ちょっと待てよ。それは無理だぞ。」

 

裁判官の一言は、胸をうつ言葉であったり、一本取られたな!ってことが多く、その言葉を聞くために裁判に足を運びます。

 

離婚裁判は見たことないですが、面白いって良く聴きます!

大半が浮気が原因で妻が怒っての裁判らしいのですが、夫の必死さが面白いらしいです。

 

これからも面白い裁判や、心打つ裁判官の言葉をアップしていきます!!

観葉植物にサボテンは向かない?

お部屋のインテリアとして、観葉植物を置いている人もいるでしょう。
植物が部屋にあると、アクセントにもなりますし、植物があることによって気持ちも癒されます。
植物は、強い生命力と持っていることもあり、植物の置いてある部屋はその生命力によって部屋のエネルギーを活性させることができると言われています。
風水でも、観葉植物は災いを寄せ付けない効果があるということで運気アップのアイテムとして人気です。
しかし、植物によっては、幸せが逃げいってしまうものもあるので注意が必要です。

植物を育てるということは、色々と手間がかかるものです。
その為、あまり世話をしなくてもいいサボテンは、観葉植物の中でも人気です。
見た目の種類も豊富で寄せ植えなどをしてもかわいらしいですよね。
しかし、サボテンは観葉植物には適していません。
風水では、サボテンにはたくさんのトゲがあるため、不幸をもたらす邪気を払う効果があると言われています。
この効果があることで、確かに災いからは逃れることができるかもしれませんが、その強いパワーによって幸せまでもを逃がしてしまっているのです。
玄関にサボテンを置いていると、人との縁を切ってしまうだけでなく、部屋の中へ幸せが入るスキをも奪ってしまいます。
サボテンは、観葉植物にピッタリと思っているかもしれませんが、幸運が舞い込みづらい環境になってしまうので、玄関先やベランダなどの屋外で育てるようにしましょう。
屋外にサボテンを置くことで、悪い邪気は家に入って来るのを防ぐことができますよ。