過去の裁判

過去にあった企業の裁判や個人のユニークな裁判に関する話題を書いていきます!!

お家騒動の疑問【創業家VS経営陣】

どうも~!お家騒動と掛けまして、つけ麺とときます。その心は、、、

ドロドロですよね。

どうも、世論を斬っても縁切るな、お笑い芸人です。

今回は、創業家と経営陣で揉めているお家騒動について調べてみました!

まずは、記憶新しい出光興産ですよね。

出光興産は、経営陣の独断で昭和シェル石油との合併をしようとし、創業家に反対されたことから発展した問題!

経営陣はついに、昭和シェル石油との合併に反対する創業家を追い詰める強硬策に出たそう!経営陣はこれまで「創業家の説得を優先する」と言い続けてきたらしいが、結局創業家との全面対決に踏み切った。

なんだかアライアンスステッカーというモノを貼付したローリーの運行を開始しているよう。これについて創業家は一体に何を思うのでしょうかね?

出光興産と掛けましてチキン南蛮とときます、その心は、、、

きゅうしゅうされるでしょうね。

自分で言うのもあれだけど、これはうまくない!!www

はいはい。

そして大騒ぎされた大戸屋ですよね。

2015年7月に実質的な創業者だった三森久実氏が57歳で急逝。その後、2016年2月には、息子の智仁氏(27)が一身上の都合で辞任しました。久実氏が亡くなってから、役員の刷新を推し進めているのが、2012年から社長を務める窪田健一氏(45)です。

窪田氏など3人の取締役の残留や、かつて会長や副社長を務めた人物が再登板する内容

などを含めた8人を新たな取締役に選任する計画など、こうした人事案に創業家側は反発を強めています。元取締役の智仁氏は「能力がある海外事業担当役員の退任や、元役員の再登板に疑問がある。社外取締役全員の退任にも十分な説明がない」と、会社側の人事に反対を表明しました。

対立の原因は、窪田社長がこれまでの路線を否定するような、人事や経営判断を下してきたことにあるようです。

大戸屋と掛けましてフリーターとときます。その心は、、、

やっぱりていしょくがいい。

今日はこの辺で!