過去の裁判

過去にあった企業の裁判や個人のユニークな裁判に関する話題を書いていきます!!

動物虐待者へのユニークな判決

人間はもちろん、動物にたいしても虐待を行ってはいけません。
世の中では、動物への虐待に関する裁判も多く行われています。
アメリカのオハイオ州では、動物の虐待に関する裁判でユニークな判決が出されたと話題になっています。
この裁判を担当した裁判官は、「目には目を」方式で判決を下す人で、同意物への虐待行為に対しての判決内容が称賛を集めたのです。
この出来事は、告発された女性が自分の飼い犬を不潔な環境となっている家の中で食事も与えることなく1週間物間放置していたとして逮捕され、裁判となりました。
彼女に下された判決は、罰金刑のほかに、ごみ処理場でのごみ拾いを8時間行うというものだったのです。
裁判官は、自分が飼い犬にした行為と同じように過ごすことでそれだけ自分の行った行為がひどいことなのかを実感しなさいというもので、不潔で悪臭に満ちた場所で過ごすことがどれだけ辛いことなのかを自分自身で確認し考えることが必要だと判断をしたようです。
また、別の裁判でも、35匹の猫を数回にわたって森に捨てたとされる女性に対して罰金刑と懲役刑のほかに雪の降る夜に一晩一人で屋外で過ごすという判決を言い渡しています。
餌もなく助けも得ることのできない環境で肉食獣にいつ襲われるか問うう不安の中で過ごした子猫たちと同じ思いをしてみなさいという考えだったようです。
こういった判決を下した裁判官は、大の愛犬家として有名で動物虐待に関しては、強い憤りを感じているようです。
虐待を繰り返さないためにも、厳罰だけではなく、教育という意味を込めてこのような判決を下しているのです。