過去の裁判

過去にあった企業の裁判や個人のユニークな裁判に関する話題を書いていきます!!

「プリウス」をめぐる裁判

プリウス」をめぐりトヨタ自動車がインドの自動車部品メーカーに対して使用差し止めの裁判を起こしていましたが、裁判で争っていましたが、インドの最高裁の場で、自動車部品メーカーの社名に「プリウス」の使用を認める判決をが出されました。
社名を登録していました。
一方、トヨタ自動車の人気車
トヨタ自動車に訴えられていた自動車部品目メーカーは、ニューデリーにある「プリウス・オート・インダストリーズ」という会社です。
この会社は、2002年から、種でもある「プリウス」は、日本での販売は1997年から開始されていて、世界でもニュースで取り上げられたり広告を打つなどして知名度も徐々に高くなっていきました。
インドでは、2009年以降に販売が開始されました。
プリウス・オート・インダストリーズ」が社名登録をしたのは、確かに2002年とトヨタ自動車プリウス販売開始よりも後のことではありますが、2002年の時点で、トヨタ自動車プリウスがインド市場で確固たる地位を得ていたかという点においては、明確ではないとされています。
インド市場では、確かに、プリウスは販売されていましたが、今ほど販売台数も多くなく2001年以前にトヨタ自動車によるプリウスの広告もなかったという理由でトヨタ自動車側が敗訴となったのです。
このように、インドと日本の企業が裁判で争うケースは多くあります。
インドでの裁判は長期戦とも言われていますので、できるだけ裁判にならないようにしてほしいものです。