過去の裁判

過去にあった企業の裁判や個人のユニークな裁判に関する話題を書いていきます!!

国内よりも海外の方がユニーク

裁判といえば深刻なものを想像する人が多いですが、実は無関係な人間からすると笑ってしまうような事柄も多くあります。本人にとっては深刻なものかもしれませんが、傍から効いている分にはかなり面白いものも存在していて、傍聴マニアがいるのも分かるというものです。ただインパクトに関しては日本国内よりも海外の方がユニークなものが多く、いくつか紹介していきます。
例えば過去には自分自身を訴えた裁判があり、飲酒が原因で逮捕された人物が、自分自身に対して自由を奪ったという訴えを起こして賠償金の支払いを求めました。話を聞く限り面倒ですが問題はないように思えますが、本人には支払い能力がなく、代わりに所属する自治体に支払ってもらおうというのですから厄介です。受け取り方によっては自治体からお金を受け取ることが目的であり、この裁判に関しては却下されて終わりました。
他にも足の臭いが原因で退学を言い渡された学生が取り消しの訴えを起こして、これだけでもかなり珍しい話ですが、裁判官の判決もかなり珍しいものでした。訴えは無事に可決されて復学が可能となり、理由としては周囲の人間は鼻を塞いで臭いを我慢すればいいというものですから、原因、訴え、結果のすべてがかなり珍しいものです。そして無事に復学できたのも訴えを起こしたからで、行動することも重要だということを知らせてくれる一例とも言えます。
さらにテレビCMを見て、商品を購入すれば女性にもてると思って買ったのに叶わなかった、そういった訴えを起こした人もいます。ビールを飲めば美人が出現してもてるといったものですが、残念ながら、むしろ当たり前ですがそういった奇跡は起こらなかったようです。怒って訴えましたが「CM上の演出です」の文字が書かれていたこともあり、勝つことはできませんでした。ただ似たようなもので、お化け屋敷に入って怖すぎたと裁判を起こしたものがあり、こちらに関してはアミューズメントの限度を超えているということで慰謝料を勝ち取ることに成功しました。
このように世の中には個人が起こしたさまざまな裁判があり、バラエティの豊かさに驚いてしまいます。裁判は原則としてどのような内容でも訴えることができて、内容によっては勝訴の確率がないわけではありません。また裁判官や検察、弁護士だけではなく、部外者である傍聴人の前で聴いてもらうことができるので、自分の訴えを広く知ってもらうためにも役立ちます。