過去の裁判

過去にあった企業の裁判や個人のユニークな裁判に関する話題を書いていきます!!

過去にあったユニークな裁判

毎日、非常に多くの裁判が日本各地で行われています。裁判所にいくと、その日に行われる裁判のスケジュールが記載された資料を閲覧できます。裁判の傍聴を趣味としていて、頻繁に聞きに行く人も珍しくありません。大きな裁判所では、複数の裁判が並行して行われます。傍聴を趣味としている人は、最初にスケジュールの資料を見て、傍聴する裁判の絞り込みを行うのです。傍聴したことがない人は、何が面白いのか分からないのではないでしょうか。裁判はドラマのようなシリアスな内容ばかりではありません。耳を疑うような変わった内容の裁判も多く行われています。
特に世界では、日本では考えられないような裁判も多いです。たとえば過去にあったユニークな裁判として、自分自身を訴えたものがあります。飲酒が原因で逮捕された人物が自分自身を訴えたのです。理由は自分の自由を、自分が奪ったことです。自分自身に賠償金を支払うことを求めたのですが、それにどのような意味があるのでしょうか。支払い能力がないので、所属する自治体が支払うべきだと主張したのです。つまり自治体からお金を受け取ることが目的ということです。
足の臭さが理由で退学に追い込またことを不服とする裁判もありました。周囲の学生や教師から足の臭さの苦情が相次いで、退学を言い渡された学生が過去にいたのです。それだけでもとても珍しい出来事ですが、その続きの展開も非常に珍しいものになりました。担当の裁判官がその訴えを認めたからです。これにより、その人物は無事に復学することができました。判決の理由は、周囲の人は鼻を塞いで我慢をすれば良いということです。
またCMに出ている女性が現れないことを訴える裁判が行われたこともあります。ビールを飲めば美女が出現するような演出がされているCMでした。ビールを飲んでもその通りにならないことを不服として裁判を起こしたのです。普通であればそのような解釈はしないので、裁判では当然勝てませんでした。その他にも、お化け屋敷の怖さがアミューズメントの限度を超えているとして訴えた裁判も過去にありました。こちらの裁判では精神的なダメージを負ったとして、慰謝料を勝ち取ることに成功しています。
このように過去にあった裁判の中には、非常にユニークなものが沢山あります。興味がある人は文献などを調べてみると良いでしょう。また傍聴に頻繁に出かければ、そのような裁判に遭遇するかもしれません。