過去の裁判

過去にあった企業の裁判や個人のユニークな裁判に関する話題を書いていきます!!

過去にあったユニークな裁判を紹介します

"世の中にはとんでもない出来事が存在していて、まさに「事実は小説よりも奇なり」を実現しているようなことが多々あります。

その中でも過去の裁判というのは調べてみるとかなり面白く、まさかと驚くような内容も多数存在していて、冗談ではないかと思ってしまう内容もあるのです。

最近は趣味として傍聴を楽しむ人も増えていて、単なる好奇心の他に、小説や漫画、ドラマなどのネタ探しにも役立つこともあります。

知的好奇心を満たしてくれる、また知ることによって自分がそうならないように戒める効果もありますので、余裕があれば傍聴してみるのも悪くはありません。

そして世界に目を向けてみると、かなりユニークな訴訟事件があり、いくつか紹介します。

過去に起こったユニークな裁判といえば、訴訟大国であるアメリカには数々の事例が存在していて、まさかと思うようなものも多いです。 

1991年に某ビール会社を訴訟した男性がいたのですが、その理由がビール会社のCMにあって、ビールを飲めば女の子にもてるというものでした。

しかし男が飲んだところ、そういった奇跡は起こらず虚偽広告である、嘘のCMのせいで心的外傷や金銭的損失を負ったというもので、なんと慰謝料は1万ドルでした。

こちらの訴えに関しては裁判所が却下して、男性には不名誉なイメージがついてしまったようです。 

また1995年のヴァージニア州の刑務所に服役中だった男が自分に自分の市民権が侵害されたとして、自分に対して500万ドルを要求するという裁判を起こしました。

当時の彼は重窃盗や強盗の罪で23年の実刑判決を言い渡されていて、原因は酒を飲んで酔っ払ってしまい犯行を犯したというものでした。

それゆえ彼の理論は、酔っぱらった自分自身のせいで逮捕、自分の自由が失われて市民権が侵害された、それゆえ自分は酔っぱらうことを許した自分自身に対して500万ドルを要求するというものでした。

この訴訟、自分で自分に支払えばおかしな男で済みました。しかし妙に頭が回る男で、服役中で支払い能力がないということで、自分を管理している市が500万ドルを肩代わりするべきだと主張してきました。

もちろん理論が通るわけがなく、裁判所は訴えを却下しました。 

世の中にはユニークなことを考える人がいて、しかも訴訟に踏み切るのがすごいです。知っておくと何かの時に話題としてチョイスして盛り上げることができるのが、覚えておくと役立つ場合が出てきます。